木育の森 除草作業

今回は、もりふれ倶楽部さんが講師をされ、 講義と除草作業を体験しました。 授業では、日本の山・島根の山の状況や、 昔と現在の人と山との関わり方の違いを教えて頂きました。 昔は燃料として薪を非常に多く利用しており、 薪を集める為にたくさんの人が山に入っていたようです。 それが間伐の役目を果たし木の成長量以下の収穫が自然と行われ、 生態系を壊すことなく循環していました。…

続きを読む

木育の森 看板製作開始

表面の下書きも終わり、次は裏面です。 裏面のデザインも決まり、いよいよ着彩です。 だんだんと完成に近づいてくるのが、生徒のやる気につながります。 完成が楽しみです。

続きを読む

木育の森 看板製作開始

今月から「出雲 木育の森」の整備がいよいよスタートします。 はじめに山に設置する看板づくりを行います。 看板を製作して頂くのは、 出雲商業高校の生徒の皆さんです。 製作の様子を覗いてみます。 生徒一人ひとりが考えたアイデアスケッチを基にレイアウトを検討します。 文字の大きさや形、配色など 入山者の見易さを考慮したデザインになるよう話し合いました。 デザ…

続きを読む

新しい木材利用

CLTが出来るまでを見てきましたが、 実際に使用されている場所へ行きました。 CLTが使用されている建物です、これは2階建のホテルです。 使用されているところを実際に見ると製品の性質が良くわかります。 外観です。 内観です。 杉のCLTがふんだんに使ってあります。 施設内は木の香りがして、非常に落ち着きました。 機会があればぜひ…

続きを読む

新しい木材利用

CLT工場を視察しました。 CLTとは  CLT(Cross Laminated Timberの略)とは、ひき板を並べた層を、 板の繊維方向が層ごとに直交するように重ねて接着した大判のパネルを示す用語です。 主に原料として、国産の杉と桧を用いて生産することが出来ます。 またCLTを使用することによってこれまで不可能であった4階建以上の アパート・マンションや非住宅施設等の建設が…

続きを読む


人気ブログランキングへ