木育の森 除草作業

今回は、もりふれ倶楽部さんが講師をされ、 講義と除草作業を体験しました。 授業では、日本の山・島根の山の状況や、 昔と現在の人と山との関わり方の違いを教えて頂きました。 昔は燃料として薪を非常に多く利用しており、 薪を集める為にたくさんの人が山に入っていたようです。 それが間伐の役目を果たし木の成長量以下の収穫が自然と行われ、 生態系を壊すことなく循環していました。…

続きを読む

木育の森 看板製作開始

今月から「出雲 木育の森」の整備がいよいよスタートします。 はじめに山に設置する看板づくりを行います。 看板を製作して頂くのは、 出雲商業高校の生徒の皆さんです。 製作の様子を覗いてみます。 生徒一人ひとりが考えたアイデアスケッチを基にレイアウトを検討します。 文字の大きさや形、配色など 入山者の見易さを考慮したデザインになるよう話し合いました。 デザ…

続きを読む

出雲の歴史(Roots)を学ぶ

森の恵みから新しい製品を、 高校生と共に勉強しながら開発していきます。 アロマについてみんな興味深々! 出雲の森からアロマ製品を創っていきます。 ‘木育活動’を通じて出雲の歴史と森をつなげて、 これから物語が生まれます。

続きを読む

出雲の歴史(Roots)を学ぶ

出雲商業高校の教室へ帰って、森林の現状について勉強しました。 日本は森林面積率 世界第3位の森林大国ながら、国産材があまり使われていません。 1位  フィンランド 72.9% 2位  スウェーデン 68.7% 3位  日  本   68.5% 島根県は森林面積率、日本第3位の森林王県です。 もっと国産材を使って、山を整備していくことが 地域活性化と共に地…

続きを読む

出雲の歴史(Roots)を学ぶ

古墳を後にして、須山木材 社有林へ。 いざ、山の中へ! 現在の『木育の森』はまさしく森そのもの! 自然の植物が自由気ままに生えています。 ハート形の切り株を発見!素敵な目印になりそうですね。 これから「出雲 木育の森」を学生と共に整備していきます! 森を学ぼう! 森をつくろう! 木育の森をつくっていきます。

続きを読む


人気ブログランキングへ