木育の森 伐採作業

出雲商業高校で、もりふれ倶楽部さんが講師に迎えられ、講義と伐採作業をされました。

授業では、自然工作と自然体験活動について教えて頂きました。
森林をフィールドにして、知恵と工夫で、楽しく遊ぶ方法をご紹介されました。

IMG_3024.JPG

特にネイチャーゲームと呼ばれる遊びは、人間の五感を働かせて楽しむ遊びで、自然にあるものすべてを材料にし、おもちゃ作りや額縁を持ち歩き風景にそれを添えることで絵画作品にするなどの遊びを教わりました。

IMG_3029.JPG
IMG_3033.JPG

想像力を豊かにすることで、たくさんの山遊びが出来るのですね。

講義を終え、伐採作業の開始です。 山での作業の注意点などを教えて頂きました。
IMG_3036.JPG

まず受け口と呼ばれる切込みをチェーンソーを使い木に施します。森林内では倒したい方向に受け口を作ります。同じ地形は一つとない森林内での作業は、作業者の腕の見せ所です。

IMG_3041.JPG

受け口を作ったら、反対側に切込みを入れます。
すると、樹木の重さが受け口に掛かり自然と倒れていきます。

素直に倒れるときもあれば周りにある木に、引っ掛かり途中で止まってしまうこともあります。
止まってしまった場合は、人力で引っ張り地面に倒します。
実際の様子がこれです。

IMG_3042.JPG
IMG_3045.JPG
IMG_3050.JPG

なかなか倒れませんでしたが、何とか無事に倒す事ができました。
倒れるときの迫力は見ごたえがあります。

「出雲木育の森」を舞台に林業体験活動が進んでいます。

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック

人気ブログランキングへ